多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊員のみなさまへ  立川テント村について

<<   作成日時 : 2005/12/10 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

自衛隊員のみなさま、みなさまの基本的人権である表現の自由が脅かされております。東京都立川市の防衛庁宿舎で、地元の市民団体「立川自衛隊監視テント村」の方々が、自衛隊のイラク派遣に反対するビラを捲いて逮捕された事件の裁判で、東京高裁が有罪判決を出しました。

彼らは住居侵入罪で有罪となりましたが、彼らの入ったのは宿舎の共有部分です。商業用のほかのビラも投函されている場所です。

自衛隊の方の中には、誇りを持ってイラクに行っている方も居られることと思いますが、考えてみてください。約25万人の隊員とその家族、その全員が喜んで自衛隊をイラクに送り出しているとお思いですか?家族と離れるのが嫌だったり、米軍のイラク侵攻が、自衛隊がそのイラクに行くことがおかしい、と思っている方が、その数十万人の中に一人もいないとお思いですか?自衛隊とはそこまで非寛容的な組織なんですか?

日本国憲法第19条では思想及び良心の自由、第21条では表現の自由が保証されております。これは基本的人権であり、民主主義の根本を為すものであります。集団の中の少数の人々の意見を守り、場合によっては多数の暴政を防ぐための大切な権利です。表現の自由を守るためには、自分が意見を言うことを保証することと同じだけ、社会の中での様々な意見にアクセスする自由が保証される必要があります。特に政治的な意見にアクセスする自由は決定的に重要なわけです。

12月9日の『朝日新聞』夕刊の記事によりますと「自衛隊に批判的なビラの配布を見かけたら110番通報を」と宿舎の管理者が指示したそうです。(ここに引用した記事はWeb上には見当たりませんでしたので、このリンクの記事は関連記事ではありますが、別の記事です。ご容赦ください)つまり、管理者の言っていることは「自衛官とその家族は、イラク派遣に批判的な情報に触れてはならない」ということです。これを言い換えると、「お前たちはプライベートな場での政治的意見を、自分の頭で判断する能力に欠けているから、管理者(およびその上のお偉方)の言うとおりにしなさい」ということなのです。宿舎の管理人の判断で、政治的意見を異にする自衛官やその家族が、特定の意見にアクセスする権利が侵害されているわけです。これが宿舎住人の多数決によって判断されても同じです。多数決によって少数者に対する制限をしてはならないものであるからこそ、
表現の自由とは「基本的人権」なのです。

問題は立川にとどまりません。言論に対するこうした攻撃は、萎縮効果を生みます。この事件以来、今まで別の自衛隊宿舎で友好的にビラを配っていた団体が、ビラ配りをやめたそうです(同日の記事より)。そこの宿舎の住人の権利も、間接的に奪われたことになります。

自衛隊員の皆さんは、その職務(職権)を利用して政治的な意見を表現することが禁じられていることと思いますが、しかし家において、プライベートにおいては、自分の頭で考える市民として「この派遣はおかしい」と表現する権利があります。職務の上ではその立場に関わらず、命令に従うのがみなさんの仕事なのかもしれませんが、投票行動や、市民としての表現の場で、おかしいことにおかしいと表明するのは当然の政治的権利であり、市民としての義務でしょう。そのためには色々な角度から社会を考えるために、様々な意見にアクセスするのが前提です。ビラ配りが有罪、これっておかしくありませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イラクのネタ
イラクのネタを毎日ネットから集めてブログ形式でお届け中。ブログや飲み会でのネタを見つける為に利用してください。「○○のネタ欲しい!」とキーワードのご提案もお気軽にどうぞ!お待ちしてます。 ...続きを見る
ネタ蔵
2005/12/11 01:28
自衛隊員(防衛庁職員)
資格・転職・就職に有利な自衛隊員(防衛庁職員)の情報を満載しました ...続きを見る
資格取得のお得情報事典
2007/10/03 09:09
4つのコメント その1 〜ネットの言論空間と書き手の同一性〜
多摩市民「九条の会」のブログを始めてから2年が過ぎた。おかげさまで多くの方に読んで頂き、総ヒット数も1万8千を超えた。2年やって来て、最近は管理人が個人的に忙しいせいもあって、集会等のお知らせ中心になってはいるが、記事もできるだけ書くようにしている。 ...続きを見る
多摩市民「九条の会」
2007/11/12 01:05
就職詐欺 元自衛隊員を緊急逮捕
<詐欺容疑>「雇う」とだまし40万円詐取、元自衛隊員逮捕トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)で派遣社員として働いていた男性(21)に「社員として雇う」とうそをつき、計40万円をだまし取ったとして、県警飯塚署は16日、住所不定、元自衛隊員の無職、桑野孝行容疑者(37)を詐欺容疑で緊急逮捕した。容疑を認めているという。男性は40万円を借金したうえ、退職届けを既に出したと訴えているという。同署は30歳と35歳の元派遣社員2人からも、桑野容疑者の就職話で計152万円を払ったとの相談を受け... ...続きを見る
なんでもnews
2009/03/17 12:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「自衛隊とはそこまで非寛容的な組織なんですか?」

それは違うと思います。たとえ「イラクに行くことがおかしい」と思っていても、それに従わなくてはいけません。
それは政治の問題です。隊員の家族の感情が自衛隊の行動を決定するのではなく。あくまで国民の議会が決定するのです。
何のためのビラ配りですか?自衛隊員がボイコットする様にしむけるとか?自衛隊に居るのがいやになる様にとか?


市民団体の方はシビリアンコントロールといものを理解していない。
ビラ配りであろうとなんであろうと、ある政治的意図で自衛隊を煽動し、
シビリアンコントロールの外に置こうとする行為はもの凄く危険な事だと思います。
自衛隊員がある政治意図で行動する、また行動を制限するというのはクーデターをも容認する事につながります。

「特定の意見にアクセスする権利が侵害されているわけです。」
これはもの凄くおかしい屁理屈です。自衛隊員が「アクセス」したわけではありませんし、自衛隊員が新聞、テレビ、インターネットなどの情報を制限されているわけでもありません。つまり貴方のいう権利侵害では全くありません。

地元の市民団体「立川自衛隊監視テント村」
2007/11/05 11:24

防衛庁宿舎にお住まいの方々は「立川自衛隊監視テント村」という存在そのものに人権侵害を感じているのではないでしょうか?「監視」されているんですよ?

特定の政治団体が、自分の所属する組織を「監視」する団体が、自分たちの職を否定する団体が、自分の宿舎やマンションにやたらとビラを配っていたら、
これは気味が悪いでしょ普通。家族も怖いですよ。なんとか理由をつけてやめさせるのが普通だと思います。
監視団体
2007/11/05 11:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊員のみなさまへ  立川テント村について 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる