多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS マンションという壁

<<   作成日時 : 2006/08/16 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

天気が良い日に我が家のベランダから西を望むと、多摩センターにそびえるベネッセのビルの東側に丹沢山系の山々や富士山が見える。朝日を浴びた山々を見た日などはとても気分が良いのだが、その眺望が年々狭まってきている。

都市再生機構(旧住都公団)が多摩ニュータウン事業からの撤退を決め、多くの土地が民間に売られ、大規模マンションがいくつも建ち始めた。そうした土地の多くは、丘の上にある見晴らしのいい「良好な物件」だからこそ、企業が飛びついて購入した。しかしそれを以前からの住民から見れば、自分たちの街の景色を一気に変えてしまうものである。

そもそも多摩ニュータウン自体そうしてできた街であるのだが、それでも公的な計画の中で作られ、容積率(ある戸地における建築物の大きさの限界を定めた数字)に余裕を持たせ、過密な開発を避けていた。しかし民間が開発すると、経済効率を優先させるため限界まで大きな建物を建てる。そしてマンション供給者は、そのマンションの住民にとっての景観(=部屋からの見晴らし)は気にしても、周囲の住民にとっての景観(=街の姿)は気にしないようだ。我が家のベランダから富士山が見えなくなる日もそう遠くないような気がしてしまう。 

珍しく、息抜き程度に短いものを書いてみました。多摩ニュータウン関連のものは「多摩のこれから」シリーズほか、今まで結構書いているので、ご興味のある方は下のテーマ「多摩」の所から色々と読んでみてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
?????
&???& ...続きを見る
?????
2006/11/10 19:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンションという壁 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる