多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「日本の青空」 上演のお知らせ

<<   作成日時 : 2007/09/23 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

日本国憲法制定過程において、日本側における憲法制定の意見がGHQに大きな影響を与えたことが現在では明らかになっている。政党の憲法試案もあれば、市民、在野の研究者など色々なメンバーが集まって作ったものもある。民間の草案の中でも最近最も注目を集めているのが「憲法研究会」である。その会の中心メンバーであり、在野の憲法学者であった鈴木安蔵を中心に日本国憲法の制定過程を描いたのが、映画「日本の青空」。その映画が11月、多摩市内でも上演されるので、今日はその宣伝。

映画 日本の青空

日時: 11月22日(木) 

@10:30〜 A13:15〜 B16:00〜 C18:45

場所: パルテノン多摩小ホール 

(京王・小田急多摩センター駅徒歩5分)

大人前売り 1200円 (当日1500円)  

中高生前売り 800円 (当日1000円)

主催: 映画「日本の青空」をみる多摩・稲城の会



チケット取り扱い場所 ・稲城市役所売店 ・トロントベーカリー(矢野口)
・パルス東長沼店 ・多摩市役所売店 ・チケットパルテノン
・くまざわ書店(永山・聖蹟桜ヶ丘・多摩センターカリヨン店)

日本の青空 公式サイトはこちら

せっかくの機会ですので、興味のあるお近くの方は是非お越し下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日中関係のこと 〜コメントから考えたこと〜
>日本側は試掘示唆 中国側は「軍艦出す」 東シナ海ガス田開発 >http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071116/plc0711162309015-n1.htm ...続きを見る
多摩市民「九条の会」
2007/12/08 01:59
映画「日本の青空」を観て
「映画「日本の青空」を観て」について  うわさ話やおとぎ話のたぐいをを歴史的事実に置きかえて、既成事実化しようとするたくらみは、愚民政策の手法だと思う。教育や報道を利用して、国民の脳内にくりかえし虚報をたらしこむプロパガンダは、戦前の軍国主義教育や戦後のアメリカ軍の占領政策で顕著だったが、おなじ期間を通じてコミンテルンや旧ソ連の対日政策でも採用されている。  もちろん健全な常識の保有者は、こんな詐欺には引っかからない。いまでも支那の共産党政権や北鮮の独裁者のプロパガンダにとりこまれる日本... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2008/04/25 13:15
Sophia
kinda makes you wonder. ...続きを見る
Sophia
2009/08/10 14:53
Garett
once again i outdid myself ...続きを見る
Garett
2009/08/10 14:58
jewellery
this is why i always pick my nose. ...続きを見る
jewellery
2009/10/23 01:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本側は試掘示唆 中国側は「軍艦出す」 東シナ海ガス田開発
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071116/plc0711162309015-n1.htm

軍事力を背景とした資源争奪が行われようとしています。中国は日本が手を出さないと解っているからこそ
露骨な軍事圧力をかけて来るのです。

こうした場合一体日本はどう対応すればいいのでしょうか?
パブリック
2007/12/07 10:48
>パブリックさま
トラックバック「日中関係のこと 〜コメントから考えたこと〜」に私の拙い考え方を書いてみましたので、ご興味がありましたらお読み下さい。
管理人
2007/12/08 02:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「日本の青空」 上演のお知らせ 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる