多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP ―東日本大震災と国民生活―  講演会のお知らせ

<<   作成日時 : 2011/04/13 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

講演のお知らせ

多摩市内で活動しているグループ、民権com.が下記のような講演会を行います。

震災からはっきりと見えてきた、私たちの暮らす大都市東京のもろさと地方への依存。そういったことを主に農業の視点から深める機会になれば、とのことです。


TPP ―東日本大震災と国民生活―

日時:4月29日(金・祝日) 14時〜

場所:関戸公民館ヴィータ・コミューネ8F 大会議室 
参加費:500円

講師:田代洋一さん

  (大妻女子大学社会情報学部教授・横浜国立大学名誉教授、専門は農業政策)

3・11。私たちの社会に、記憶されるべき悲しい日付が一つ加わってしまいました。東日本大震災は、人々の不安を煽るかのように大地を揺るがし、人々の無力を見せつけるような津波で幾つもの港や町を破壊しました。そして人々の作った福島第一原発から出た放射能は、空気、水、土壌と、それによって育まれている生命とを汚染しています。この震災が被災地において数知れぬものを奪いました。それを目の当たりにし、多くの人々が、今まで当たり前すぎて意識すらすることのなかった無数のかけがえのないものの存在に気づかされているのではないでしょうか。

今回の震災は、私たち都市住民が多くを地方に頼り、地方の活動が止まれば都市の力も目に見えて弱まることを教えてくれました

その地方の力をさらに弱めかねない政策が、管政権によって導入されようとしています。それがTPP(環太平洋経済連携協定)です。昨年秋何の前触れもなく、今年の6月までに導入するか否かを決めると発表されました。現在のところ、震災への対応を優先するため、6月からは先送りになりそうですが、多少状況が落ち着いてくれば議論は避けられないでしょう。では、そのTPPとは一体何なのでしょうか。

大震災が起きて見えてきた、現在の日本が抱える様々な問題。それをTPPという政治的課題との関連の中で考える講演を企画しました。お話は、農業政策の専門家で、多摩市内にある大妻女子大学の田代洋一教授にご講演いただきます。

主催:民権com.(自由と平和・民権をすすめる多摩市民懇談会)
minkencom@excite.co.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPP ―東日本大震災と国民生活―  講演会のお知らせ 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる