多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS [TA・MA・NA・BI] 市民の学び舎・たま のお知らせ

<<   作成日時 : 2012/03/23 01:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

3月25日(日)、市内の恵泉女学園大学、南野キャンパス
(メインキャンパスのすぐとなりで、昔の南野高校だった場所)にて、
市民有志の実行委員会と、日野の多摩住民自治研究所が共催で行うイベント/講座があります。

4月にも続編(?)があるそうです。
以下に詳しい情報を掲載しておきますが、
テキストデータだと分かりにくいかもしれませんので、
その場合は下記URLのサイトや、フェイスブックなどをご参照ください。

http://www.geocities.jp/tamajitiken/
http://www.tamapre.jp/news/2012/03/11/manabiya-tama.html
http://www.facebook.com/tamanabi

自治の感性を磨く! 市民の学び舎・たま
(第28回 三多摩自治体学校 in 多摩市)
____________________________________
●日時
 vol.1●3/25(日)、4/8★(日) vol.2●4/15(日) vol.3●4/29(日)
____________________________________
●会場
 恵泉女学園大学南野キャンパス(★:永山公民館調理室)
  東京都多摩市南野2-10-1 tel 042-376-8211
  http://www.keisen.ac.jp/about/campus/access.html
  ■京王線・小田急線・多摩モノレール
  「多摩センター駅」より京王路線バス・8番のりば
  多01/多03/多04/桜46/永65【恵泉女学園大学入口】下車3分
 ___________________________________
 ★駐車場あります(キャンパス内収容台数約80台・無料)
____________________________________
●参加チケット
 1プログラム1枚_500円 / 5枚セット_2000円(一部のプログラムは2枚)
 ★午前中からご参加の方は昼食をご用意ください。
____________________________________
●後援
 多摩市 多摩市教育委員会
____________________________________
●協力
 恵泉女学園大学人間社会学部/福島とつながる種まきプロジェクトネットワーク
____________________________________
●主催・問合せ
 「市民の学び舎・たま」実行委員会(妹尾)  TA_MA_NA_BI@excite.co.jp
 NPO法人多摩住民自治研究所 042-586-7651 tamajitiken1972@yahoo.co.j
____________________________________

●programプログラム(都合により内容が変更されることもあります)
●●●
●●●●● VOL.1●3/25(日)


◆10:00am〜12:30[・TA・MA・NA・BI]分科会/1階 視聴覚室
【 ドキュメンタリー映画『“私”を生きる』 】
(チケット2枚/2回目上映1:30pm〜)
監督・撮影・編集:土井敏邦

いま学校で、そして日本で何が起きているのか?
“教育現場での言論と思想の統制”に抗う3人の教師たちの姿をみつめる。―職員会
議では職員の意向を確認するための挙手・採決を行うことを禁止され、卒
業式や入学式で国歌である君が代の斉唱・起立を職務命令で強制されるなど、教師た
ちの言論が、急激に統制されてきている東京都の教育現場。教育論を超え
て、自分が自分であるために歩んできた物語。
http://www.doi-toshikuni.net/j/info/ikiru.html
(日本/2010年/日本語/カラー/デジタル/138分)


◆12:00〜4:00pm[・TA・MA・NA・BI]分科会/1階 オープンカフェ
【 福島の食・物産コーナー 】
コーディネート:澤登早苗・高橋清貴(恵泉女学園大学人間社会学部)/福島とつな
がる種まきプロジェクトネットワーク)

農と食を真ん中にすえた福島への永続的な支援プロジェクトと持続可能な社会に向け
た取り組みを紹介します


◆10:00am〜12:30[・TA・MA・NA・BI]分科会/2階 2A教室
【 “まちづくりポイント”の利活用による「共鳴・共感・協働の地域公共圏」づくり 】
講師:片桐徹也(たま地域貢献ポイント検討推進会議・多摩大学講師)

ソーシャルメディアを活用した地域活性化の実例の紹介とまちづくりポイント「たま
タウンチップ」の展望について、登録のしかたや活用法を体験しながら、
新たな地域公共圏づくりを話し合います。


◆1:00pm〜[・TA・MA・NA・BI]オープニング/2階 記念講座室
 ▼学び舎・学校長あいさつ 荒井文昭
 ▼多摩研理事長あいさつ 大和田一紘
 ▼「恵泉発、市民へ」 上村英明

◆1:30pm〜[・TA・MA・NA・BI]記念講演会/2階 記念講座室
【 自治体防災新時代 〜東日本大地震を経験して〜 】
 講師:中村八郎(NPO法人 くらしの安全安心サポーター理事長)

東日本大震災は、わが国の地域社会がいかに災害に対して脆弱であったかをさまざま
な面で明らかにしました。特に、これまで自治体が重視してきた応急的な
防災対策がほとんど機能せず、多大な住民災害を発生させた事実を踏まえ、現状の防
災計画の問題と災害に強い地域・都市づくりの視点から『地域防災計画』
の方向性、取り組み方を考えます。


◆4/8(日)10:00am〜[・TA・MA・NA・BI]スペシャル分科会/★永山公民館調理室
【 一緒に作って、食べよう! 学校給食 】
多摩市の学校給食を考える会

 ★永山公民館 多摩市永山1-5 TEL : 042-337-6661
 http://www.city.tama.lg.jp/bunka/45/873/7985/index.html
 永山駅から徒歩3分。聖蹟桜ヶ丘駅から諏訪4丁目行や永山5丁目行等のバスに乗車
し、永山駅下車。
 駐車場 46台(公民館利用者は2時間まで無料)

◆4/15(日)10:00am〜[・TA・MA・NA・BI]記念ワークショップ /2階 記念講座

【 学ぶ権利の現在とこれから〈1〉 〜教育基本条例について考える〜 】
講師:荒井文昭(首都大学東京教授 教育行政学 学び舎学校長)

・教育の地方自治と教育基本条例 〜大阪における教育基本条例をめぐる動向〜
・教育に求められる自主性と教員の身分 〜疋田教諭分限免職取消訴訟の取り組み〜
※ジョニーHによるミニ・コンサートも予定しています。

ほか、分科会も多数あります。

◆4/29(日)10:00am〜1:00pm[・TA・MA・NA・BI]記念シンポジウム/2階 記念講
座室
【 3・11以降の市民・住民自治のかたち 〜福島・沖縄から多摩を考える〜 】
シンポジスト:小森陽一(東京大学教授)/池上洋通(NPO法人 多摩住民自治研究所
研究員室長)/神子島 健(東京大学助教)ほか

東日本大震災と福島第一原発事故からの復興再生のなか、憲法改正をも射程においた
「グローバル国家」路線が、現政権で追求される一方、戦後憲法体制と地 方自治、
その基本にあるべき住民の生存権や地域経済の持続的発展がますます危機に瀕してい
ます。原発と基地、福島、沖縄が抱える地方自治と国政の問題を 直視しながら、東
京都民400万人が暮らす多摩地域の未来像を考えます。

ほか、分科会も多数あります。

____________________________________
● 開催にあたって

 2011年3月11日に東日本を襲った大地震は、多くの尊い命を奪い、築き上げてき
た人々の生活を破壊しました。そして、原発と放射能、環境、エネル ギーなど、多
くの課題に直面しているわたしたちは、人類・自然・地球の未来を考えながら、復
旧・復興・再生をめざし、創造しなければなりません。
日本国憲法に地方自治が書き込まれて65年。今もとめられている地方自治をつくるた
めに、「自治の感性を磨こう!」と集まった多摩市民と多摩地域を拠点 として活動す
るNPO法人多摩住民自治研究所とが実行委員会を結成し、このたび「市民の学び舎・
たま」を企画しました。
 「市民の学び舎」は、みんなが生徒であり先生であり、学びの場を一緒につくりま
す。そして、市民、研究者、地方議員、自治体職員、学生など、誰もが自由に参加
し、考えや体験を継続的に発表できる「まちづくりの学校」をめざします。

「市民の学び舎・たま」学校長 荒井文昭(首都大学東京教授)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使を、国際紛争を解決する手段として放棄していない周辺国が、

日本に対し紛争を解決する手段として武力による威嚇又は武力の行使をして来た場合、どうすれば良いですか?
なんちゃん
2012/03/31 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
[TA・MA・NA・BI] 市民の学び舎・たま のお知らせ 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる