多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS シンポジウム「3・11以降の市民・住民自治のかたち」 (4/29)

<<   作成日時 : 2012/04/18 03:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月29日(日)

◆10:00am〜1:00pm[・TA・MA・NA・BI]記念シンポジウム
2階 記念講座室

【 3・11以降の市民・住民自治のかたち 〜福島・沖縄から多摩を考える〜 】

シンポジスト:
小森陽一(東京大学教授)
池上洋通(NPO法人 多摩住民自治研究所研究員室長)
平 和元(弁護士)
上村英明(恵泉女学園大学教授)
神子島 健(東京大学助教)

東日本大震災と福島第一原発事故からの復興再生のなか、憲法改正をも射程においた「グローバル国家」路線が、現政権で追求される一方、戦後憲法体制と地方自治、その基本にあるべき住民の生存権や地域経済の持続的発展がますます危機に瀕しています。原発と基地、福島、沖縄が抱える地方自治と国政の問題を直視しながら、東京都民400万人が暮らす多摩地域の未来像を考えます。

このシンポジウムは
「市民の学び舎・たま」
の一環です。学び舎の会場、料金等については
こちら
をご覧ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンポジウム「3・11以降の市民・住民自治のかたち」 (4/29) 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる