多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 講演会のお知らせ(1/18) 植民地主義・戦後責任を考えるシリーズB

<<   作成日時 : 2013/01/14 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

市内のグループ、アジア・ヒストリーの主催で、講演会があります。九条の会事務局長の小森陽一さんも出演なさいます。

アジア・ヒストリー講座 植民地主義・戦後責任を考えるシリーズB

1月18日(金) 18時半開始

18時45分〜
講演 神子島健さん
「戦後責任」と「戦場へ征く、戦場から還る」

19時45分〜
対談 小森陽一さん VS 神子島健さん
「戦場へ征く、戦場から還る」と現在

21時過ぎ終了予定

参加費500円

会場:ベルブ永山・講座室(ベルブ永山3階・京王線小田急線永山駅3分)

主催:アジア・ヒストリー


昨年8月に出版された神子島健『戦場へ征く、戦場から還る』(新曜社)。その出版記念として、市内で活動するグループ、アジア・ヒストリーの主催で講演会を行います。

日中関係がギクシャクする中、戦争をめぐる歴史認識は今日的な問題であり続けていますが、当事者の世代が減っていく中で、戦争の記憶は変容してきています。

日中戦争の時期を振り返り、当時の小説の中で兵士たちがどのように描かれていたのか、
どのような戦争イメージが形成されていたのか。それはメディアの中でどう位置づけられていたのか、などを論じた本の著者であり、地元多摩市でさまざまに活動する神子島さんに講演をしていただきます。

そして、日本近代文学研究の第一人者であり、「九条の会」の事務局長である小森陽一さんとの対談も行われます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
中国の巨大な軍事力と経済を背景にした、現在進行形の侵略と植民地経営について、何故あなた方は何も言わないのか?
棚k
2013/01/15 13:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
講演会のお知らせ(1/18) 植民地主義・戦後責任を考えるシリーズB 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる