多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『ニッポンの嘘』上映会(12月6日) および、福島菊次郎講演会(12月27日)

<<   作成日時 : 2014/11/29 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月6日(土)に多摩市永山にて、写真展・講演のプレイベントとして、下記の映画上映会を実施します(転送・シェア歓迎)。

映画会『ニッポンの嘘 ―報道写真家福島菊次郎90歳ー』
 http://bitters.co.jp/nipponnouso/  ←公式サイト
 長谷川三郎監督/ドキュメンタリージャパン制作(2012)

 2014年12月6日 18:30開演 19:00〜21:00
 永山公民館 ベルブホール(ベルブ永山5階) 京王永山駅・小田急永山駅 下車徒歩5分
 鑑賞券(当日券のみ)1,000円


ドキュメンタリーとしても評価が高い作品であると同時に、ここで取り上げられている写真家の福島菊次郎さんは、戦後史を考える上でも重要な存在です。

敗戦間際まで広島の陸軍の部隊にいた福島さんは、本土決戦用の特攻(爆雷を背負って戦車に飛び込む)部隊用の一兵卒として九州の部隊に転属となり、結果的に原爆を免れ、生き残りました。

その後、自分が「偶然」生き残った戦争と、その原因を直視せずにきた戦後の意味を問い返すような報道写真を撮り続け、戦後日本が隠ぺいしようとしてきた様々な「タブー」を映しだすような写真を、様々に発表してきました。2014年、93歳の今も、その意味を問う本を書き続けています。

とはいえ、この年齢ですので、体力もだいぶ弱ってきているのが現状です。その福島さんが、現在の政治状況を憂いて、残った力を振り絞って、年末に山口県から東京にやってきて、講演を行います。東京に来られるのは、これが最後になってしまう可能性が高いでしょう。

 12月22日〜27日に、パルテノン多摩:多摩センターにて写真展(無料)、
 12月27日にはご本人と、詩人のアーサー・ビナードさんの講演会
(対談:入場料1000円)があります。
https://www.facebook.com/kikujirof
http://hmw.or.jp/~fukushima/

そのプレイベントとして、12月6日に、2012年に上映され、高い評価を受けた、福島さんを追ったドキュメンタリー、
『ニッポンの嘘』の上映会を行ないます。写真展、講演合わせて、ぜひお越しください。

主催:福島菊次郎展TAMA実行委員会 
kikujiro-tama@gmail.com


※写真展の無料開催にあたり、全部で400枚以上の大量の写真パネル(福島さん自作の各パネルに、3〜5枚の写真とキャプションがついています)の修復、補強、輸送、ご本人の上京など、大量の費用がかかります。

容赦なく権力を追求する写真を撮り続けてきた福島さんの表現をそのままに展示するために、企業や行政の補助・協賛を取らずに、すべて市民が費用を賄う形で実行を考えておりますが、まだまだ必要な金額に足りていないのが現状です。趣旨にご賛同いただける方は、カンパ(額は任意)もしくは賛同費(一口千円)を、

ゆうちょ銀行 振替 口座 記号・ 番号 00170 -2-513623
加入者名: 福島 菊次郎展
まで、お願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『ニッポンの嘘』上映会(12月6日) および、福島菊次郎講演会(12月27日) 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる