自治体職員の役割 ~岩手県陸前高田市職員とともに考える~(4/29)

4月29日(日)

◆2:00pm~5:00pm[・TA・MA・NA・BI]分科会/2階 2G教室
【 自治体職員の役割 ~岩手県陸前高田市職員とともに考える~ 】

講師:阿部 勝(陸前高田市職労前委員長、気仙地域労連事務局長)

3・11東日本大震災の大津波に陸前高田市市街は、市役所を含め、多くの建物と人々が飲み込まれた。市の職員も多くの命を落とすこととなった。そんな中、自治体職員は、市民のために働いた。どのような状況であったのか。そして、どのような苦労と苦難があったのか。また、ボランティアとして、被災地で活動をされた方々の話も伺い、ディスカッションをします。

このシンポジウムは
「市民の学び舎・たま」
の一環です。学び舎の会場、料金等については
こちら
をご覧ください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 高田松原、再生の一歩 「子孫」の苗木植え替え 陸前高田

    Excerpt: 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市で5月12日、「奇跡の一本松」を除き、約7万本の松が流失した景勝地・高田松原の松ぼっくりから育てた苗木の植え替え作業が行われた。地元の関係者は「高田松原.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2012-05-13 16:09