TPP参加表明はおかしい

〇〇様(自民党議員)

町田市/多摩市に居住しております、〇〇と申します。

多摩市内にも、町田市にもそうですが、この地域にはご存知の通り、かなりの数の農家が居住しております。しかも、都市部の中でも自民党への支持が必ずしも高くない地域でありながら、全体の人数に対して割合として第一次産業従事者が少ない割に、当然ながら農家の多くは、自民党を支持している人が多いことはご存知かと思います。

もう少し付け加えますと、旧来の自民党支持層のみならず、町田・多摩の都市の市民層の中にも、日本全体で持続可能な農業のあり方を模索したいと考えている層が多く、例えば地方自治体の選挙では無所属候補や生活者ネットの候補などに入れる場合でも、先の総選挙では農業を重視する自民党に投票する層も多いわけです。

しかしながら自民党は、総選挙の際TPPに(有権者から見ればどう考えても)反対というような姿勢を見せていたにも関わらず、このたびの国会において、あっさりTPPの交渉についての賛成を示している、というのは、有権者として腹立たしい限りです。こうした姿勢を続けられれば、参院選にて自民党に投票するわけにはいかない、ということを一有権者として、そして少なくない同じ意見を持つ人を知っている一市民として、抗議の意味を含めて表明したいと思います。

・・・・・・・





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック