憲法と民主主義の危機の中で  岩上安身さん講演

憲法と民主主義の危機の中で  岩上安身さん講演

日時 12月15日(日)

開会 午後2時(開場1時半)~4時半終了予定 

場所 パルテノン多摩4F 第1会議室
http://www.parthenon.or.jp/access/index.html

(京王・小田急多摩センター駅より徒歩5分)
資料代 300円


◆主催 多摩市民「九条の会」
tama9-jo@hotmail.co.jp

定員:先着100名です。
予約等は受け付けておりませんので、当日満員の際は
入場をお断りする可能性があります、ご了承ください。

※1941年12月8日は、アジア・太平洋戦争の開戦日

▽ズバリ以下疑問を明確に解明します。
・自民党の「日本国憲法改定草案」の危険性と日本を何処へ導こうとしているのか?
・秘密保持法案とセットで成立を狙う日本版NSC(国家安全保障会議)設立法案とは?
・内閣法制局長官を集団的自衛権容認者に代えて、解釈改憲するの?

ジャーナリストで、マスメディアが取り上げない重要な情報を精力的に報道しているIWJ(Independent Web Journal)。
http://iwj.co.jp/
そのIWJ代表の岩上さんを多摩にお招きして、講演していただきます。
現在目まぐるしく変わる政治状況を貫いているものはいったい何なのか、稀代のジャーナリストが語ります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック