テーマ:地方自治

「多摩市の社会教育を考える会」ウェブサイト

市議会議員選挙を前に、 「多摩市の社会教育を考える会」がウェブサイトを新設。 先日あった、 「社会教育に関する多摩市議会議員選挙立候補予定者との対話集会」の資料や、 予定候補者アンケートの結果を掲載。 実施時点で把握できた35名に封書で依頼して、回答は16名だったとのこと。 公民館など社会教育施設を含めた公共施設の見直し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教えて、タマ先生 「タマの風」番外編~ 嗚呼、国家戦略特区はバラ色かな? その2

前回からの続き http://tama9-jo.at.webry.info/201410/article_2.html タマ:じゃあ、東京都民の君は、今回の都のプランを知った上で、規制緩和のリスクを負うことに賛成したのだにゃ? それはすごい。 シン:おほめいただいて光栄です。 タマ:バカ、ほめてニャい。それにすら気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教えて、タマ先生 「タマの風」番外編~ 嗚呼、国家戦略特区はバラ色かな?

多摩市在住の執筆者の方に了解を得たので、上記タイトルの文章を転載いたします。 基本編 その1 シン:いやー、タマ先生(※1)、今日(10月30日)の『日経』の「国家戦略特区」の特集、ご覧になりました? なんだかこの国の地域が色々と動き出しそうで、ワクワクします。  ※1 タマというのは、NPO法人多摩住民自治研究所(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本にもっと「でも」を 後編 ~市民からの地方自治~

「議会を通さない形での社会的な意見表明をする場がどれだけあるのか?」という問いを前回の記事の最後に私は提出した。これは狭く言えば直接民主主義的な問いと言えなくも無いのだが、しかし議会を中心に進めていく間接民主主義においてももっと真剣に考えられるべき問題であると私は思う。つまり前回も書いたように、「間接民主主義においても議会が全てであるわ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本にもっと「でも」を 前編 ~民主主義の学校としての地方自治~

ミャンマーでは軍事政権の長期独裁に対する僧侶のデモが起きた。日本でもお馴染みのアウン・サウン・スー・チーさん、つまり民主化運動のリーダーを長期にわたり監禁・軟禁している。軍隊が権力を握ることで民衆の声が直接政治に届かなかったことが僧侶達の抵抗に表れたといえる。今回のデモの結果は残念ながらミャンマーの権力構造を変えるにいたらなさそうである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自律は遠く ―夕張市の「財政破綻」から考える― 後編

前回に引き続いて、夕張市の財政破綻についての話。前回引用した財政学者の保母武彦氏の記事には、件の財政破綻に関して、国や道の財政政策にも責任があることが指摘されていた。そして実はもうひとつ重要な話が出ていた。財政再建と同時に、北海道の高橋はるみ知事が「夕張を『地域再生のモデルケース』にする」という趣旨の発言をしていたことに関してである。国…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

寄付の先へ ―夕張市の「財政破綻」から考える― 前編

北海道の夕張市が財政破綻をした、というニュースは皆さんとっくにご存知だと思う。約350億円もの借金を一市が抱え、財政再建のために市役所職員の大幅削減や給与カット、市の関連施設の閉鎖や売却などの上、様々な住民サービスが削られている。「全国最高の住民負担」と「全国最低の公共サービス」(後述の『日経』記事より)という。 そうした中夕張市…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more