テーマ:戦争

「多摩火工廠、弾薬庫、サービス補助施設-気がつけば、いつもそこは軍事施設-」 多摩市平和展 学習会

8月3日(土) 多摩市平和展 学習会 「多摩火工廠、弾薬庫、サービス補助施設-気がつけば、いつもそこは軍事施設-」 14時~16時 講師:神子島 健(東京大学助教) パルテノン多摩、第一会議室 入場無料 戦時中のみならず、戦後にも米軍施設として残されたこの施設について知ることで、 十五年戦争(アジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩市平和展

今年も多摩市平和展が開催されています。 そのうちの一部、地元多摩市に関連する展示について今日はご紹介します。 多摩市平和展展示「多摩火工廠とその後の変遷」 http://www.city.tama.lg.jp/bunka/46/13781/013775.html パルテノン多摩 特別展示室 7月29日(月曜)~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月11日 映画『アルマジロ』

8月11日に多摩市で上映予定の映画『アルマジロ』。映画『選挙』でおなじみの想田和弘さんが1月に同映画の批評を書いています。 http://www.webdice.jp/dice/detail/3757/ 映画の作り手としての視点から、想田さんが驚きの言葉を書かざるを得ないほど、これは普通に考えられる戦争もののドキュメンタリーを超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画上映会 『ヒバクシャ ―世界の終りに』

市内で活動している、多摩平和イベント実行委員会主催の映画上映会があります。 鎌仲ひとみ監督作品 『ヒバクシャ ―世界の終りに』 製作:グループ現代 2003年作品  http://www.g-gendai.co.jp/hibakusha/ 日時:1月29日(土) 18時半~ 会場:多摩市立永山公民館 ベルブ永山…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

多摩平和イベント実行委員会 映画上映会

直前のお知らせになってしまいましたが、多摩平和イベント実行委員会では、8月に2本の映画を上映します。(※多摩平和イベント実行委員会は、多摩市民「九条の会」の会員なども数多く(個人で)参加しているグループですので、多摩市民「九条の会」とは緩やかに連携(協力)しながら活動しています) =========================…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

東京大空襲の日

3月10日は東京大空襲から65年目の日であった。この空襲は9日深夜から始まったため、戦後早い時期は3月9日を空襲の日ととらえることも多かったが、多くの方が亡くなったのが10日に入ってからだからか、現在では10日として定着している。この空襲は今でこそかなり知られているが、戦後20年くらいは、あまり取り上げられることもなかったようだ。現在、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史学について 「南京・史実を守る映画祭」から

以前当ブログでお知らせした南京・史実を守る映画祭が先日13日日曜日に世田谷区内で開催された。映画4本の上映とシンポジウムあわせて述べ900人が参加したという(主催者発表)。 映画情報サイトであるシネマトゥデイにその記事が掲載された。シンポジウムを中心とした記事である。 ここ10年あまり日本社会において加速してきた歴史修正主義…
トラックバック:17
コメント:3

続きを読むread more

南京・史実を守る映画祭

管理人が下記メールを受取ったので、その宣伝をこちらに掲載いたします。日本では大手メディアがしばしば敬遠している南京大虐殺を取り上げた映画をとり上げる映画祭を12月に行います。昨年、映画「靖国」が右翼の反対などで一次上映中止に追い込まれるなど、歴史認識問題をめぐる言論への圧力が今だなくならない日本社会に一石を投じる映画祭となりそうです。詳…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

多摩市民「九条の会」 集会のお知らせ

表題にありますように、多摩市民「九条の会」では10月4日の日曜日に集会を行います。詳細は以下の通りです。お時間ありましたら是非お誘い併せの上、お越し下さい。 しばらく以前に企画した関係で、政権交代そのものとは直接関係のないタイトルになっておりますが、政権交代によって外交・安全保障において、これから動きが出てくることと思います。新政権が悪…
トラックバック:56
コメント:1

続きを読むread more

第五福竜丸を知っていますか? ~大石又七さんの証言を聞くつどい

市内、豊ヶ丘「九条の会」主催の集会のお知らせです。 第五福竜丸を知っていますか?「大石又七さんの証言」を聞く集い 8月23日(日) 13時30分開演 参加費 300円 場所 多摩市豊ヶ丘地区市民ホール (Tel 042-376-3636 会場の電話番号です。当日場所が分からない時のみおかけ下さい) ちなみ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「沈黙を破る」 多摩市で上映

多摩市民「九条の会」会員の多くの方も毎年見にいっている、8月中旬に行われる多摩平和イベントの映画会。今年は映画「沈黙を破る」。多摩地区で初上映であり、自主上映企画としても全国初とのこと。まだまだご覧になった方は少ないハズですので、この機会に是非どうぞ。   映画「沈黙を破る」上映会   ジャーナリスト・土井敏邦 監督作品 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」上映会

5月3日、憲法記念日の集会にお越し頂いた方、まことにありがとうございました。映画「蟹工船」、および朝日健二さんの講演。定員250名のホールにおいてほぼ満席となりました。 久方ぶりの勝手に宣伝コーナー。 エイジアン・ブルー 浮島丸サコン 5月27日(水) 3回上映 ①10:30~12:20  ②14:00~15…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソマリア派兵と「新しい戦争」 ~憲法記念日を前にして~

まだまだ先だと思っていたら、もう5月。5月3日は憲法記念日なので、多摩市民「九条の会」でも集会を行います。13時半から聖蹟桜ヶ丘駅前のヴィータホールにて、映画「蟹工船」上映など。詳しくは前回の記事に書きましたのでこちらをご参照下さい。 憲法記念日を前にしての今日の記事。憲法9条に関わる現在の問題というのはいくつかあると思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拉致と「従軍慰安婦」 ~多摩ニュータウンタイムズの記事から 続編

前回の続きとして、拉致問題について。前の記事のラストで書いたように、この問題を独善的なナショナリズムを煽らない形でしっかりと考えるためには、歴史的に考える必要がある。この「歴史的に」というのは、村山談話、つまり十五年戦争に関する歴史認識と関連がある。今回はそのことについて述べたい。 前回取り上げた『多摩ニュータウンタイムズ』「脚下…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

肥田舜太郎さん講演会

久々の、「勝手に宣伝」コーナーです。 多摩で一緒に活動しているグループの講演会です、よろしくお願いします。 ヒロシマからイラクへ 「被爆医師 肥田舜太郎さん 多摩で初講演」 日時:2月8日(日)13:30~16:30 場所: ベルブ永山3F講座室 (京王・小田急永山駅徒歩3分) 参加費: 300円(資料代)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルのガザ攻撃と戦争の加害

パレスチナの自治区、ガザに対するイスラエルの攻撃に対して、国際的に多くの市民が批判の声を挙げている。日本でも先週末の連休に、デモや集会が色々と行われた(たとえばそれを紹介しているブログがこちら)。日本のメディアにおいて、ガザの情勢がそれなりに扱われているのに比して、日本の市民の声が十分に取り上げられているとも思いがたいが、テレビなどでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後の戦犯」と「私は貝になりたい」

前回にひき続き、「最後の戦犯」の話である。 主人公の吉村修が、3年半の逃亡から、逮捕されスガモプリズンでの生活を始めたところから。息子が逮捕されたことを知り、面会に来た母。「あんた、生きとうないかね?」と語りかけ、「もうよかです、そんなこつ」と言う修。命令の中で上官に指名されたことを隠し、自分から進んで斬ったと彼は裁判で述べたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺人を隠蔽すること ~「最後の戦犯」について~

「胸を打つ」というよりは、「胸を抉る」、あるいは「胸をつぶされる」ような重いドラマだったと言えようか。12月7日(日)21時からのNHKスペシャル「最後の戦犯」。1945年8月10日、当時九州を管轄していた西部軍によるB29搭乗員の捕虜虐殺事件。空襲が日常茶飯事となり、さらには長崎原爆投下の翌日。そして米軍の九州上陸作戦近しと囁かれる当…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

映画「靖国」の感想

映画「靖国」。前回の記事で書いたとおり、八王子で10月11日にやったので、見てきました。ううむ。「上映自粛運動が起こったことが不思議な気がしました」と、前回の記事に桃源児さんがコメントしていましたが、まさにその通り。ぼ~と見ていたらむしろ「親日」(というか、正確には親「日本の保守反動派」)の映画にも見えてしまいそう。中国人の監督が、少な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「靖国」@八王子

今年の春、映画そのものと言うより、それ以前の問題(上映できるか否か?)で大きく世間を騒がせた映画、「靖国」がお隣八王子市にて10月に上映されます。「見る以前」のお話は散々されましたので、それよりも「見て」からその内容について色々議論するのが本筋でしょうね。まだ私も見ていないので、とやかくいいません。 映画『靖国 YASUKUN…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「軍都」長崎の被爆 ~テレビが掘り起こす戦争の証言 その5

ドキュメント 埋もれた地下兵器工場は語る 8月7日(木)総合 午後10:45~11:30 原爆投下の候補地に挙げられていた都市が広島と長崎の他にもあったことはよく知られている。京都もそのリストにかなり後の方まで残っていたと聞いたことがある。また、8月9日、小倉が天候不順で当日の第二候補の長崎となったこともよく知られている。いず…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「寄せ集め」の軍隊とマニラ市民 ~テレビが掘り起こす戦争の証言 その4

(前回の続き)フィリピン 絶望の市街戦 ~マニラ海軍防衛隊~ 2008年7月30日(木) 深夜0時10分~55分 NHK総合 十五年戦争末期、敗色の濃厚な当時の日本の様子を象徴的に語るひとつの「道具」がある。それは竹槍である(他にもあるだろうが)。竹槍と日本精神を以ってB29を落とせと言わんばかりの空理空論が軍によってまかり通…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

市街戦の記憶の欠落 ~テレビが掘り起こす戦争の証言 その3~

フィリピン 絶望の市街戦 ~マニラ海軍防衛隊~ 2008年7月30日(木) 深夜0時10分~55分 NHK総合 「奇跡の1マイル」という言葉をご存知だろうか。沖縄県那覇市を訪れたことのある人であれば誰もが通ったことのあるだろう観光地、国際通り。あの通りの別名である。「鉄の暴風」と呼ばれたほどの砲・銃弾の打ち込まれた沖縄戦下の沖…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

加害を語ることの難しさ ~テレビが掘り起こす戦争の証言 その2~

解かれた封印 ~米軍カメラマンが見たNAGASAKI~ 2008年8月7日(木) 午後8時~8時49分 NHK総合 被爆し焼け野原と化した長崎の野に立つ10歳位の少年。彼はまだ幼い弟を背負って真っすぐ前を向いている。が、その弟は既に息絶えている。こんな拙い説明では分からないだろうが、見てみると「あ、これか」と分かるであろ…
トラックバック:44
コメント:0

続きを読むread more

テレビが掘り起こす戦争の証言 その1

伝統文化が私たちの日常生活からもはや切り離されたものになっているというのが、日本社会(特に都市部)に生きる多くの人々(特に若い世代)の感覚だと思う。しかし正月やお盆といったように現在の消費文化によって変容されながらも根強く残っているものもある。そのお盆は8月半ばであり、帰省ラッシュという新たな風物詩を戦後に生み出した。 この時期に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オレの心は負けてない』上映のお知らせ

さて、すっかり更新が滞っており、大変久々の「勝手に宣伝」(=多摩市民「九条の会」とは特に関係のない催し)です。よって当方に詳細を聞かれても返答しかねますのでご了承ください。上映直前なのでご注意を。 映画上映会のお知らせ オレの心は負けてない ~在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい 6月28日(土) 18時30…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

逆視逆考~ 最新イラク現地レポートのこと

最新イラク現地レポート 3月29日(土)  18時30分~21時30分 関戸公民館 オーパ8階 大会議室 (京王線聖蹟桜ヶ丘下車3分) 資料代 300円 主催 多摩平和イベント実行委員会 連絡先 090-1107-8264 報告1 小児がん・白血病と闘う子どもたち (劣化ウラン弾による被害者支援…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤い鯨と白い蛇」上映会のお知らせ

さて、すっかり久々となってしまった勝手に宣伝のコーナー。今回は映画のお知らせ。   赤い鯨と白い蛇 (2005年) 監督:せんぼんよしこ 出演:香川京子 浅田美代子 宮地真緒 樹木希林 ほか 日時: 2008年1月20日(日) 14時開演(102分) 会場:ヴィータホール (聖蹟桜ヶ丘駅徒歩3分 ヴィータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧日本軍兵士としての中国での戦争体験

以前にもお知らせしました、多摩市在住の元日本軍兵士の方の戦争体験の話を聞く会の続編です。 旧日本軍兵士としての中国での戦争体験 お話:作道好男さん 日時:10月25日(木)18:30~20:30 主催:多摩平和イベント実行委員会  → ブログはこちら 場所:多摩市永山公民館(ベルブ)視聴覚室 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

戦争体験を聞く会

多摩平和イベント実行委員会が、以前から戦争体験者のお話を聞く会を開催している。4月末から初め、既に4、5回は行なわれているそうだ。お話をしていただくのは多摩市在住の作道さん(91歳)。多摩には3、40年住んでおり、いろいろと活躍なさってきた方だが、自ら兵士として中国へ赴いた戦争体験のお話をし始めたのはここ数年とのこと。思い出したくない様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more