多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民投票法案の学習会

<<   作成日時 : 2007/02/04 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

多摩市内の、諏訪九条の会、永山九条の会が共同で主催する、国民投票法案の学習会がありますので、そのお知らせです。

憲法改定の手続きのためのいわゆる国民投票法案がいよいよ今国会で成立か?という状況になっております。「改憲は国民に与えられた権利であるのだから、その手続きがなかった方がおかしい」といった声を聞きますが、しかしながら実際の法案、およびそれを取り囲む改憲の方向を考えた時には、そのような単純な見解は必ずしも成り立ちません。国民投票法にかんしての本も出版している弁護士の杉井静子さんをお招きして、そのあたりの問題をお話していただきます。

〈憲法九条と国民投票法〉学習会
お話 杉井静子さん (弁護士)


2月18日(日) 14時〜16時
諏訪市民ホール2階 第一会議室
(都民銀行となり 諏訪福祉間内)
参加費 200円


質問がありましたら
tama9-jo@hotmail.co.jp
までどうぞ。

3月にも同様の学習会を市内で行なう予定ですので、
またお知らせします。


憲法改正というのは、国民主権というものを直接的に行使できる
数少ない、しかもその中でも国会議員の選挙等以上に重要な機会です。
その手続きを定めるプロセスが、議会の少数派も含めて納得でき、
かつ、その国民主権を積極的に発揮できる内容にならなければ、
国民主権が権力によって制限されることとなります。

だからこそ、十分な審議が前提であり、その上で(改正のための議論の条件などに関して)民主的な内容でなければなりません。いつもの様に国民の「権利」を批判して「義務」を声高に掲げる日本の保守政治家が、国民投票法案に関してだけ、何故その「権利」を掲げるのか、
問題はこのあたりにあるのだと私は思いますが、杉井さんがどのようなお話をしていただけるのか、楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
陸、陽菜、君たちは憲法制定権力を手放すのか〜憲法改正国民投票法案阻止へ立ち上がれ!
陸、陽菜、君たちは、憲法制定権力っていう言葉を聞いたことがあるかい。何か難しそうだけど、とっても格好いい言葉なんだ。簡単に言えば、憲法を決める力ということだけど、そう言い換えても簡単ではないかも知れないね。 ...続きを見る
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
2007/02/06 07:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国民投票法案の学習会 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる