多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 『オレの心は負けてない』上映のお知らせ

<<   作成日時 : 2008/06/23 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

さて、すっかり更新が滞っており、大変久々の「勝手に宣伝」(=多摩市民「九条の会」とは特に関係のない催し)です。よって当方に詳細を聞かれても返答しかねますのでご了承ください。上映直前なのでご注意を。


映画上映会のお知らせ

オレの心は負けてない 〜在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい

6月28日(土)

18時30分〜20時過ぎ

聖蹟桜ヶ丘駅前徒歩3分 OPA8階 関戸公民館ヴィータホール

入場無料

主催: TAMA女と男がともに生きるフェスティバル2008実行委員会



(市の男女共同参画関係の催し物
「TAMA女と男がともに生きるフェスティバル2008」
の企画の一つとして上映されます)
http://www.city.tama.lg.jp/bunka/bunka/5841/005326.html

映画の公式ホームページはこちら ↓
http://www.geocities.co.jp/sasaelukai/index.html

日本軍性奴隷制の被害者として国際的に知られている「イアンフ」の人々。戦後の様々な本を読めば、「慰安婦」が存在したこと自体は自明のことである。つまり、日本軍で兵役を過ごした人々が当たり前に世の中に向かって発言できた時代は、彼女達の存在はまったくもって自明のことであった。一例として田村泰次郎『蝗』(1965年)など。

従軍慰安婦という呼び方の「従軍」ということばが気に入らずに彼女達を貶める人々は、軍の関与や強制が「狭義」であったか「広義」であったかというレトリックを用い、「狭義」の強制ではなかったと軍の責任を回避しようとした。だが、それが国際社会の反発を浴びたのは、慰安婦制度があまりに非人道的であり、そして精神的・肉体的に痛めつけられた彼女達を戦後の日本社会が無視し続けたことに対する、人権への無感覚への批判であった。

それに対して「どこどこの国もひどいことをやった(=悪いのは日本だけではない)」云々とぬけぬけと発言できる人間は、結局のところ全てのの痛みを無視する立場に加担していることとなる(少なくとも第三者から見ればそう取られる)。「日本もやってしまったからこそ」、まず日本が率先して認め、謝罪し、可能な範囲での補償を行なうことで初めて、国際的に「どこどこの国もひどいことをやった」(から被害者に謝罪するべきだ)という発言が説得力を持つ。そんな簡単なことも分からずにこの「慰安婦」問題を言論の場から排除していくとすれば、それは結局のところ、国際社会における日本のプレゼンスの一層の低下を招き、「国益」を損なうとでも言ってやりたくなる。もっとも国益がどうとかいうことは結果として附いてくるか否かの問題で、本質的ではない。ただ彼らの好きそうな言葉だから使ってみたまでである。被害者が生きているうちに、政府が謝罪し、彼女達の名誉を回復させ、可能な範囲での補償を行なうことが、消えざる傷を負った彼女たちへのせめてもの償いであり、それこそ最優先されるべき問題である。

もっとも、このドキュメンタリー映画は、そういった文脈から(のみ)見られるべきものではなかろう。もっとそれ以前のこと、つまりたまたま「慰安婦」とされてしまった一人の人間がどう生きてきたか、その記録である。公式ホームページにある「『被害者』は、『被害者』ではなく『人』でした」ということばこそ、それを物語っている。まだ見ていない人は是非見て欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
呼びかけ→"全国一斉 9月9日9時9分「9条を世界に!」 行動"道南・函館の活動へのご参加を!
☆道南・函館の活動(案)は☆1:午前9時9分に一斉街頭宣伝 ☆2:昼間に市電貸し切り「9条電車」を走らせよう 電車に大きな横断幕 乗客と対話 車内でミニコンサート ☆3:午後6時30分から五稜郭交差点4カ所で派手派手しいパフォーマンス宣伝行動を100名規模で ☆4:引き続き「カラオケ電車」を借り切り 車内で交流集会・うたごえ・ミニコンサート(90分間)乗れない人のために9時9分「9条に乾杯!」協力飲食店を五稜郭近辺に数店確保 ☆5:午後9時9分車内で「9条」に乾杯!<…この他 ぞくぞくと案が出されています。>「戦争をしないための選択・9条を考える道南の会」函館市中道2-1-20森越法律事務所 森越清彦0138-56-0042 Fax56-0084 掲示板http://n-dounan0084.green.coocan.jp/ HP http://homepage3.nifty.com/dounan9/ メールnomorewar-dounan@peace.nifty.jp>
bugaku
2008/07/30 18:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
『オレの心は負けてない』上映のお知らせ 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる