多摩市民「九条の会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 多摩市民「九条の会」から よびかけ

<<   作成日時 : 2016/10/31 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

多摩市民「九条の会」では、来年2月にパルテノン多摩で集会を行う予定です。つきましては、下記の呼びかけに賛同いただける方に、実行委員として参加していただけるよう、呼びかけます。

PDFバージョンはこちらから。

以下は本文テキスト(フォントやスペース等、PDFと若干違っています)。

====================================

多摩市民「九条の会」から、みなさんに呼びかけます
〜2017年2月の集会、実行委員会へのご参加を〜



 「日本と世界の平和な未来のために、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます」。2004年6月10日出された「九条の会アピール」(別添)の締めくくりの一文です。

 私たち多摩市民「九条の会」は、このアピールに賛同した多摩市民有志が、2004年10月に結成しました。
 2006年9月に成立した第一次安倍政権は、日本国憲法と密接に結びついた教育基本法を改定してしまいましたが、次は憲法が危ないと、全国各地で市民が立ち上がり、改憲への動きを押しとどめました。私たち「九条の会」も、草の根からその一翼を担ったと思っています。

 しかしながらその後、民主党政権の誕生と震災をはさみ、第二次安倍政権において、特定秘密保護法、安保法(戦争法)の成立と、憲法9条を実質的に破る動きが強まっています。この間、SEALDsをはじめ強権政治に反対する動きが出て、この多摩市内でも、3・11の震災・原発事故後、色々な市民の動きが出てきていることは、厳しい情勢のなかでの希望と言えるでしょう。

 とはいえ、国会の議席を見れば、明文改憲の危機が現実味を帯びてきています。憲法9条を守るということは、明文改憲を阻止するとともに、9条の理念に現実を少しでも近づけていくことも必要です。そのためにも、私たち多摩市民「九条の会」は、志を同じくする市内外のみなさんや会員のみなさんとの輪を広げ、平和を求める市民の声を広げる動きを強めていきたいと考えています。

 そこには、国政選挙で自公とその補完勢力に3分の2の議席をとらせないための動き、改憲案の様々な問題点を学び、広めていく動き、近隣諸国との信頼関係を作り、日本を取り巻く情勢を平和的な方向に進めていく動きなど、幅広い視野での活動が含まれると考えられます。多様な動きを作るには、多様な人が関わり、つながり、動くことが必要なのです。

 そこで、この呼びかけに賛同していただける方に、2017年2月19日(土)午後(13時〜17時で会場を取っています)のパルテノン多摩、第一会議室での集会の実行委員として参加してもらい、新たな動きをともに作っていきたいと考え、ここに呼びかけます。

2016年10月29日 多摩市民「九条の会」
tama9-jo@hotmail.co.jp


11月13日(日)18時〜、第一回実行委員会を行う予定ですので、ご都合のつく方は上記アドレスまでご連絡ください。

参考 「九条の会」アピール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
共産党の大会決議案に「自衛隊を活用」が復活
本文中リンクを追加しました. ---------- (「護憲派による解釈改憲/もう一つの『パブリックコメント』を」の記事の後半部分とほぼ同じ内容ですが,共産党の大会決議に的を絞って再論します.) 全国の九条の会や護憲派の皆さんにとっては無関心ではいられない問題だと思います.応援のクリック歓迎 共産党の大会が来年1月15日から開催され,決議案も発表されています.その中に,実に5大会16年ぶりに,急迫不正の主権侵害の場合は「自衛隊を活用する」という文言が復活しています.16年前の22回大会での... ...続きを見る
ペガサス・ブログ版
2016/12/22 13:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
多摩市民「九条の会」から よびかけ 多摩市民「九条の会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる